鵜沼城(うぬまじょう)

[MENU]

木下藤吉郎が人質になり調略した城

鵜沼城の全景
鵜沼城の全景

尾張と美濃の国境となる木曽川のほとり、名鉄犬山線の犬山橋北岸の岩山が鵜沼城である。木曽川の流れに沿って下流の南岸には尾張犬山城(愛知県犬山市)があり、さらに下流には伊木山城(各務原市鵜沼小伊木町)の山稜が見える。鵜沼城は宇留間城ともいい、戦国時代には大沢氏という土豪の居城であった。城山と呼ばれる岩山の山頂に「城山荘」という旅館があったが、現在は廃業している。このため城山は立入禁止となり入ることはできないが、山頂には鵜沼城主であった大沢家歴代の碑が立っているとのこと。地元には鵜沼城は火をかけられ落城したという伝承や、落城する鵜沼城から脱出した残党が伊深に逃れ、間関峠に軍用金を埋めたという伝承が残る。

永享年間(1429-1441年)和泉国からきた大沢薩摩守治利(はるとし)によって鵜沼城は築城されたようだが、鵜沼城の歴史ははっきりとしないことが多い。天文21年(1552年)生駒道寿に占拠されていた鵜沼城を、斎藤道三(どうさん)の支援を受けて大沢和泉守正信が回復した。永禄5年(1562年)大沢和泉守正信とその嫡男は、織田信長から派遣された木下藤吉郎(とうきちろう)と内野で戦って自刃する。その際、鵜沼城は木下軍に火をかけられて落城したとも、大沢氏が落城に際して火を放ったとも伝わる。その後、何らかのかたちで大沢一族の大沢治郎左衛門正秀(まさひで)、大沢主水基康(もとやす)親子が鵜沼城を回復したらしい。「東美濃の虎」と称された大沢治郎左衛門は、弘治2年(1556年)斎藤義龍(よしたつ)が父の道三を討った長良川合戦で、義龍軍の主力として参戦した実力者である。

永禄6年(1563年)織田信長は、本格的な美濃侵攻のための拠点として尾張小牧山城(愛知県小牧市)を築城して、尾張清洲城(愛知県清須市)から拠点を移した。永禄7年(1564年)織田信清(のぶきよ)の尾張犬山城を陥として尾張統一を果たした信長は、木曽川を渡河して東美濃に侵攻するため、木下藤吉郎に対岸の伊木山・鵜沼両城の攻略を命じた。松倉城(川島町)に着陣した藤吉郎は部隊を2つに分け、川並衆の蜂須賀小六正勝(まさかつ)、前野将右衛門長康(ながやす)らは伊木山城を守る伊木清兵衛忠次(ただつぐ)の調略に、自身は松倉城主坪内利定(としさだ)ら坪内党とともに鵜沼城に向かった。藤吉郎は鵜沼城の西方にある巾上(羽場)に陣を構え、鵜沼城主の大沢治郎左衛門、大沢主水親子と対峙した。

坪内利定は大沢氏と旧知だったので、犬山城、伊木山城、猿啄城(坂祝町)など周囲の城が織田方に落ちていることを伝え、開城するよう説得する。大沢氏は助命を条件に降伏を願い出て、藤吉郎を鵜沼城に入れた。藤吉郎は大沢親子の助命を約束し、信長の陣所に坪内利定を遣わせて許しを求めた。しかし信長は、大沢治郎左衛門が犬山城の織田信清をそそのかせて抵抗し続けた怒りがおさまらず、大沢治郎左衛門の首を持ってくるよう坪内利定を追い帰した。大沢親子との約束が反古になると鵜沼城の藤吉郎の身が危ないため、坪内利定は生駒八右衛門家長(いえなが)に斡旋してもらい、ようやく信長の許しを得た。これにより鵜沼城は無血開城し、大沢親子は木下藤吉郎の家臣となる。のちに鵜沼城は、犬山城主となった池田恒興(つねおき)に与えられた。(2004.12.30)

国境の木曽川と城山
国境の木曽川と城山

対岸の尾張犬山城
対岸の尾張犬山城

伊木山城の遠望
伊木山城の遠望

[MENU]