名古屋城(なごやじょう)

[MENU]

徳川御三家の筆頭である尾張徳川家62万石の居城

復元された名古屋城の大天守と小天守
復元された名古屋城の大天守と小天守

「尾張名古屋は城でもつ」といわれた名古屋城は、関ヶ原の戦いの後に江戸幕府を開いた徳川家康が、東海道の要所として、また大坂方への備えとして天下普請で築城したものである。ほぼ正方形の本丸を中心として、南東に二之丸、北西に御深井(おふけい)丸、南西に西之丸を配し、さらに南方に広大な三之丸を構えた平城である。5層5階地下1階の大天守は、南側に2層2階地下1階の小天守を伴い、地階を橋台で結ぶ連結式であった。また、この大天守は従来の望楼型から脱却して層塔型の先駆であり、これらから連結式前期層塔型天守に分類される。大天守の高さは石垣も含めて56mで、18階建てのビルに相当する。その規模は、豊臣秀吉が造った摂津大坂城(大阪府大阪市)と比べても、延べ床面積比でおよそ2倍もあり、その当時で日本一の広大さを誇る建物であった。出入口は厳重を極め、大天守へは小天守を通らなくては入ることができず、大天守・小天守とも入口は上部の石落しと総鉄張の扉を備えた門となっている。また、槍の穂先を並べた剣塀や隠狭間など、随所に敵の侵入を防ぐ備えが施されている。名古屋城でもっとも名高いのは金の鯱(しゃちほこ)である。城の大棟に鯱を掲げることは室町時代の前期、城郭形態の完成した頃から始まったと言われる。当時は火除けの呪(まじな)いであったものが、後には城主の権威の象徴として大棟に飾られた。分厚い金の延べ板で作られた金鯱は、史料によって2000枚の大判金貨を使用していたことが分かっており、2体の金鯱には合計で320kgの金が使われたという。この豪華な金鯱を見た旅人は「天下様でもかなわぬものは、金のしゃちほこ雨ざらし」と唄ったという。尾張藩が財政難に陥ると、金鯱の鱗(うろこ)を溶かして赤字財政を補った。そして、金の代わりに銀を混ぜたため、次第に金鯱は黒ずんでいったという。名古屋城の金鯱は3度(享保・文政・弘化)も改修され、その度に金の純度が低下していった。近年、江戸時代後期の宝暦年間(1751-64年)に行われた「宝暦の大修理」の際の工法を示す修理図面など12点が発見された。修理図面や関連文書のほか、天守周囲の景観を描いた「御天守上見通絵図」などで、当時の作事奉行であった寺町平左衛門の名を記した袋に入っていた。宝暦の大修理とは、名古屋城の大天守が天守台石垣の変形と沈下で傾き、これを修復するために高さ36mもある大天守を長さ100m以上の太縄で引っ張って保ち、その間に石垣を補修するとともに建物内部も修理するというもので、大変な難工事であった。

昭和5年(1930年)名古屋城は勇壮な天守と優美な御殿により、城郭建築として国宝第1号に指定された。その後、第二次世界大戦下の昭和20年(1945年)名古屋空襲で大・小天守、本丸御殿をはじめ建物のほとんどを焼失したが、焼失をまぬがれた三つの櫓(東南隅櫓、西南隅櫓、西北隅櫓)、三つの櫓門(表二之門、旧二之丸東二之門、二之丸大手二之門)は、重要文化財に指定され現存している。本丸に現存する東南隅櫓(辰巳櫓)と西南隅櫓(未申櫓)の2つの櫓は、いずれも2層3階の同一様式の櫓である。御深井丸の西北隅櫓(戌亥櫓)は別名を清洲櫓ともいう。この櫓は清洲城(清須市)の小天守を移築したものと長く伝えられており、解体修理の際には移築や転用の痕跡も見つかっているため、実際に清洲城から移築されてきた可能性も指摘されている。3層3階の最上層は入母屋造り本瓦葺で、他の建物の古材を多く用いて建てられている。ちなみに、御深井焼(おふけいやき)とは、万治3年(1660年)尾張藩の初代藩主・徳川義直(よしなお)の命によって御深井丸で焼かれた陶器である。独特の美しい文様から尾張徳川家に珍重され、江戸時代を通して瀬戸の窯元である唐三郎が尾張徳川家の御用窯を勤めた。昭和34年(1959年)大天守と小天守が鉄骨鉄筋コンクリート構造で外観復元された。外観はほぼ忠実に再現されているが、最上層の窓が展望のため大きくなっている。戦後の復興天守は史実よりも観光が優先されてしまい、このような例は全国的に多い。名古屋城の金鯱も、この天守の再建時に88kgの金を使用して新たに作られた。正門は明治43年(1910年)に武蔵江戸城(東京都千代田区)の蓮池御門を移築したものであったが、空襲で焼失したため天守とともに再建された。

慶長12年(1607年)徳川家康の四男で清洲城主の松平忠吉(ただよし)が関ヶ原の戦いで負傷した傷がもとで没すると、家康は九男の徳川義直を清洲に封じた。義直は、慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いの後、家康が59歳の時に大坂で誕生した。生母は、京都石清水八幡の祠官(しかん)の志水氏を出自とするお亀の方で、慶長8年(1603年)に甲斐国25万石を領有した。忠吉の没後に尾張に移封となるが、当時は幼少であったため、駿河国駿府に留まった。清洲城は五条川の氾濫する低地にあり、城地は狭くて大規模な野戦や籠城にも不向きであったため、家康は豊臣氏との決戦を見据えて、濃尾平野の要地に大規模な城郭を築城することとした。小牧・古渡・那古屋の候補地のうち、水害や水攻めの心配のない立地条件から、廃城となっていた織田信長ゆかりの那古屋城址に築城を決めた。また一説に、土木技術の進展も影響したとする見解もある。名古屋城の南東には名古屋台地が広がるが、当時は台地上では生活用水が取れないとされていた。しかし、この頃になると、台地上でも井戸が掘れる技術が開発され、那古屋の方が城下町のさらなる発展が見込めると判断されたのではないかという。慶長15年(1610年)加藤清正(きよまさ)、福島正則(まさのり)、池田輝政(てるまさ)、黒田長政(ながまさ)、前田利常(としつね)等、北国や西国の諸大名20家に名古屋城の普請(土木工事)を命じ、清洲から名古屋への遷府をおこなった。この時、築城とともに城下町の整備もすすめ、清洲から名古屋へ町家や寺社が強制的に移転させられている。

慶長15年(1610年)天守台の石垣や堀などの普請が完成し、慶長17年(1612年)天守や諸櫓、諸門などの作事(建築工事)がほぼ完成、慶長20年(1615年)から本丸御殿や二之丸御殿が順次完成していった。特に本丸御殿は、玄関、表書院、対面所などが連続した武家風書院造の典型であり、建築や絵画、工芸史において最も豪壮華麗と言われる安土桃山から江戸初期に造られた近世城郭御殿の最高傑作であった。慶長19年(1614年)大坂合戦において徳川義直は初陣を飾る。冬の陣では天王寺付近に布陣、野田・福島の戦いで家臣の千賀信親(のぶちか)が水軍を率いて活躍している。夏の陣の天王寺・岡山の戦いでは後衛を務めた。元和2年(1616年)家康が没すると、義直は母とともに尾張に入国、尾張徳川家の始祖となる。元和6年(1620年)義直は本丸御殿から二之丸御殿へ移居し、本丸御殿は将軍上洛時の宿舎とした。寛永11年(1634年)3代将軍徳川家光(いえみつ)の上洛にあわせて、本丸御殿に上洛殿を増築している。義直とともに駿府から入国した生母のお亀の方は、剃髪後は相応院(そうおういん)と称して名古屋で暮らし、寛永19年(1642年)64歳で生涯を終えた。義直はその菩提を弔うため、寛永20年(1643年)相応寺(名古屋市千種区)を建立した。これ以降、相応寺には尾張徳川家の夫人・子女が葬られるようになり、その遺品も納められた。慶安3年(1650年)義直は51歳で逝去している。その後、明治維新をむかえるまでの約250年間、名古屋城は徳川御三家(尾張・紀伊・水戸)の筆頭である尾張徳川家62万石の居城として、初代藩主義直から16代藩主義宣まで続いた。尾張藩主は、10代の斉朝(なりとも)、11代の斉温(なりはる)と将軍家周辺から養子であった。特に斉温は在世中に一度も尾張に入国せず、江戸藩邸で暮らすなど、尾張藩士の士気は下がった。下級藩士を中心に尾張藩の支藩であった美濃高須藩から慶勝(よしかつ)の藩主継承を望んだが、12代の斉荘(なりたか)、13代の慶臧(よしつぐ)と将軍家周辺からの養子が続いた。嘉永2年(1849年)慶臧が死去すると、ついに徳川慶勝の14代藩主就任が実現する。慶勝は藩祖である義直の「王命によって催さるる事」という遺命を奉じて尊皇攘夷を主張し、安政5年(1858年)大老の井伊直弼(なおすけ)がアメリカ合衆国と日米修好通商条約を調印したことに抗議した。しかし、これが災いして、安政の大獄によって隠居謹慎を命じられ、弟の茂徳(もちなが)が15代藩主となる。この高須藩から尾張藩に養子に入った14代藩主の慶勝、15代藩主の茂徳は、幕末の京都で活躍した会津藩主で京都守護職の松平容保(かたもり)、桑名藩主で京都所司代の松平定敬(さだあき)とも実の兄弟であり、高須四兄弟と呼ばれた。尾張徳川家は御三家筆頭でありながら、将軍職につく人物を輩出することはなかった。(2004.12.17)

東南隅櫓(辰巳櫓)
東南隅櫓(辰巳櫓)

西南隅櫓(未申櫓)
西南隅櫓(未申櫓)

焼失した本丸御殿跡
焼失した本丸御殿跡

[MENU]