那古屋城(なごやじょう)

[MENU]

織田信長が幼年期から青年期まで過ごした城

那古屋城の城址碑
那古屋城の城址碑

中世の那古屋城は、現在の名古屋城の二の丸に存在した。徳川氏による名古屋城は、この地で廃城となっていた那古屋城を取り込んで築城されたものであり、名古屋城二之丸庭園入り口に那古屋城址碑と教育委員会による案内板がある。この城址碑は、もとは「那古屋城跡」と刻まれていたが、戦災で削れてしまい、「那古」までしか読めない。那古屋城は信長が幼くして城主を務めた城として有名であり、織田信長が生まれた城という説もある。那古屋城の三の丸遺跡の発掘調査によって、那古屋城時代の堀と武家屋敷の区画溝が発見された。これらは名古屋家庭裁判所の南側で見つかっており、南北に伸びた二重の薬研堀であった。この発見された堀は、大永年間(1521-28年)駿河国の今川氏が築城したときのものと推測された。堀の上部の地層からは複数のU字型の浅い溝が見つかったが、これは武家屋敷の区画跡とみられ、薬研堀より新しい時代のものだが江戸時代より古いと推定される。天文元年(1532年)織田信長の父である信秀(のぶひで)は今川氏から那古屋城を奪ったが、それを期に縄張りに変更をくわえ、二重堀を埋め立てて那古屋城内に武家屋敷を造営したものと考えられている。

大永年間(1521-28年)駿河・遠江国の守護職である今川氏親(うじちか)は、名古屋台地北端の那古野の地に勢力を伸ばし、尾張経営の拠点として「柳之丸」を築き、末子の左馬助氏豊(うじとよ)を配した。今川氏豊は連歌を好み、勝幡城(平和町)の織田信秀とは敵味方を越えて文雅の友であった。天文元年(1532年)織田信秀は今川氏豊の連歌会に招かれて柳之丸に赴くが、病に伏してしまう。いよいよ病状が悪くなり、遺言を伝えるために織田氏の家臣達を柳之丸に呼び集めた。しかし、これは信秀の計略で、夜になると城内から兵を挙げ、城外からも示し合わせていた織田丹波守らが攻め入った。この那古野合戦で柳之丸はあっけなく落城し、今川氏豊はそのまま逃亡した。織田信秀は柳之丸を改修して那古野城と称し、勝幡城から居城を移した。

天文3年(1534年)織田信秀に嫡男の吉法師(きっぽうし)が生まれた。のちの織田信長である。天文8年(1539年)尾張統一のため、織田信秀は古渡城(名古屋市中区橘)を築いて那古野城から拠点を移す。そして、天文13年(1544年)11歳にして那古屋城を譲り受けた吉法師は、林通勝(みちかつ)、平手政秀(まさひで)、青山与三右衛門、内藤勝介(かつすけ)といった家老が付けられるが、少年期から青年期には奇行が多く周囲から「大うつけ」と称されていた。尾張半国を制圧した父の信秀は、対今川戦では圧倒的な強さを誇るが、美濃国の斎藤道三(どうさん)には負け続けた。天文17年(1548年)織田信秀は斎藤道三と講和し、道三の娘である濃姫(帰蝶)を信長に娶った。天文21年(1552年)織田信秀が没すると、「たわけ殿」と呼ばれた織田信長は弱冠18歳で家督を継ぐ。織田信長は信秀の葬儀にも奇妙な格好で現れ、仏前で抹香を投げつけるという愚行を行っている。傅役の平手政秀が諌死しても、信長の行状は改まらなかった。天文22年(1553年)舅の斎藤道三は、美濃と尾張の国境近くの聖徳寺で信長と会見をおこない、織田信長の底知れぬ才気を感じ取った。信長も道三の力量を認め、改革者としての道三のやり方を吸収していく。

弘治元年(1555年)清洲城(清須市)の織田信友(のぶとも)が尾張国守護職の斯波義統(しばよしむね)を殺害すると、斯波義統の嗣子義銀(よしかね)は織田信長を頼った。信長は叔父の織田信光(のぶみつ)と謀って清洲城の奪取に成功し、那古屋城から清洲城に本拠を移した。そして那古屋城は織田信光に与えられるが、ほどなく信光は信長によって暗殺される。その後、那古屋城には林通勝を城代として配置した。弘治2年(1556年)林通勝は弟の織田信行(のぶゆき)の擁立を企てるが、稲尾の戦いで信長に敗北している。信長の本拠が清洲城に移ると、那古屋城は急速に重要度が薄れたように思われるが、その後も大規模な拡張がおこなわれている。そして尾張国における軍事上の拠点として利用されていたが、天正10年(1582年)本能寺の変からほどなく廃城となった。ちなみに、名古屋城御深井(おふけ)丸の西北隅櫓(清洲櫓)は、清洲城の小天守の移築とも、清洲城の古材を転用したとも伝えられる。(2004.12.17)

名古屋城二之丸庭園
名古屋城二之丸庭園

城跡に建つ名古屋城
城跡に建つ名古屋城

移築された清洲櫓
移築された清洲櫓

[MENU]